王孝廉(読み)おう こうれん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

王孝廉 おう-こうれん

?-815 渤海(ぼっかい)の官吏。
弘仁(こうにん)5年(814)大使として来日。6年従三位をさずけられた。同年帰国の途中逆風にあい越前(えちぜん)(福井県)に漂着,病死した。空海はその死をいたみ,をつくっている。また「文華秀麗集」には滞在中の詩がのせられている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おうこうれん【王孝廉】

?‐815
渤海官人。814年渤海大使として副使高景秀らとともに渤海の前王元瑜(定王)の死と新王言義(僖王)の即位を奏上する名目で来日,方物(貢献物)を献ずる。上表文が旧例に準じていなかったため物議をかもすが,そのときの王孝廉の応対は朝廷に好感を抱かしめた。815年従三位を授けられた。同年帰国の途に就くが逆風に遭い越前に漂着。その後瘡にかかり病死する。王孝廉は学才豊かで《文華秀麗集》に漢詩を残し,空海とも親交があった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android