逆風(読み)ギャクフウ

デジタル大辞泉の解説

進行方向から吹いてくる風。向かい風。「逆風をついて出港する」⇔順風
不利な状況。進行を妨げる出来事。「年金問題が参院選で与党の逆風となる」⇔追い風

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 自分が進行しようとする方向と逆方向に吹く風。特に、船の進む方向と反対に吹く風。向かい風。⇔順風(じゅんぷう)
※万葉(8C後)一五・三六四三・左注「佐婆海中、忽遭逆風漲浪漂流」
※今昔(1120頃か)五「其に浮て渡り行く程に、忽に逆風出来て他国へ吹き持(もて)行く」 〔劉霽‐江南可採蓮〕
② 剣法の秘術の一つ。正眼にかまえる敵へ袈裟掛(けさがけ)に斬り込み、左へ太刀を回して払い、返す刀で腕をからめて斬るわざ。〔柳生流新秘抄(1716)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逆風の関連情報