コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王芸生 おううんせい Wang Yun-sheng

3件 の用語解説(王芸生の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王芸生
おううんせい
Wang Yun-sheng

[生]光緒25(1899).河北
[没]1980.5.30. 北京
中国のジャーナリスト日本研究家。第2次世界大戦前『大公報』の主筆を長い間つとめ,1932~34年全7巻の大著『六十年来の中国と日本』を書き,日中修好条規が締結された 1871年からの日中関係を外交史的に叙述した (実際には,1919年のパリ講和会議までで第7巻は終っている) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

王芸生 おう-うんせい

1901-1980 中国のジャーナリスト。
光緒27年8月14日生まれ。1928年から1942年まで「大公報」の編集長,社長をつとめ,日本問題の専門家として知られた。戦後中国共産党にはいり,1973年日中友好協会副会長。1980年5月30日死去。80歳。著作に「六十年来の中国と日本」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


おううんせい / ワンユンシエン
(1901―1980)

中国のジャーナリスト、日本問題専門家。1928~1942年『大公報』の編集長、社長を務め、中国でもっとも著名な言論人として知られた。若いころ天津(てんしん)で共産党地下活動に携わったことがあり、第二次世界大戦後、中国共産党に参加、ふたたび『大公報』編集長となった。文化大革命中は失脚、1973年以降、日中友好協会副会長などを務めた。著書に『六十年来の中国と日本』などがある。[小松原久夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

王芸生の関連キーワード胡鉄梅階乗河北省河北N没・歿勃・歿・没石川県河北郡Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone