コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王芸生 おううんせいWang Yun-sheng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王芸生
おううんせい
Wang Yun-sheng

[生]光緒25(1899).河北
[没]1980.5.30. 北京
中国のジャーナリスト,日本研究家。第2次世界大戦前『大公報』の主筆を長い間つとめ,1932~34年全7巻の大著『六十年来の中国と日本』を書き,日中修好条規が締結された 1871年からの日中関係を外交史的に叙述した (実際には,1919年のパリ講和会議までで第7巻は終っている) 。第2次世界大戦後,日本を訪れて『日本半月』を著わし,1948年末共産党地区に入り,49年中華新聞工作者代表として人民政治協商会議に参加。 54年新聞出版界代表として第2回人民政治協商会議全国委員に選ばれた。 56年第2回原水爆禁止世界大会に中国代表として来日し,帰国後『大公報』に日本紀行を連載した。大公報社社長もつとめ,65年人民政治協商会議第4期全国委員会常務委員に選ばれ,73年中日友好協会副会長となった。 75年全国人民代表大会主席団員。 79年人民政治協商会議第5期全国委員会常務委員に再選された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

王芸生 おう-うんせい

1901-1980 中国のジャーナリスト。
光緒27年8月14日生まれ。1928年から1942年まで「大公報」の編集長,社長をつとめ,日本問題の専門家として知られた。戦後中国共産党にはいり,1973年日中友好協会副会長。1980年5月30日死去。80歳。著作に「六十年来の中国と日本」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


おううんせい / ワンユンシエン
(1901―1980)

中国のジャーナリスト、日本問題専門家。1928~1942年『大公報』の編集長、社長を務め、中国でもっとも著名な言論人として知られた。若いころ天津(てんしん)で共産党地下活動に携わったことがあり、第二次世界大戦後、中国共産党に参加、ふたたび『大公報』編集長となった。文化大革命中は失脚、1973年以降、日中友好協会副会長などを務めた。著書に『六十年来の中国と日本』などがある。[小松原久夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

王芸生の関連キーワード[各個指定]芸能部門リジェンダーイェーツゴーリキー(Maksim Gor'kiy)チェーホフ童謡誌おてんとさんチェレプニンパテルノストロマタチッチラデジンスキー