コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大公報 だいこうほう Dai-gong-bao

5件 の用語解説(大公報の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大公報
だいこうほう
Dai-gong-bao

中国の代表的な新聞。 1902年天津で創刊され,やがて上海,ホンコン,漢口,桂林,重慶の各版が発行された。 49年2月に中国共産党軍が天津を解放したとき接収され,『進歩日報』と改題された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だいこうほう【大公報】

中国の日刊新聞。1902年、天津で創刊。上海の「申報(しんぽう)」と並ぶ有力紙となる。日本の新聞を参考にし、写真も掲載。1949年、共産党に接収されて「進歩日報」と改題。1953年、上海大公報と合併して大公報の原名に復帰。1966年「前進報」と改題し、翌年末に廃刊。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大公報【だいこうほう】

1902年天津で英剣之が創刊した中国の代表的新聞。上海,香港など各版を発行,国際問題の報道・評論にすぐれ,経済記事も重視した。1949年中国解放とともに天津版は《進歩日報》と改題,同紙は1953年上海版《大公報》と合併して再び《大公報》と改題,1957年には朝刊約28万部を発行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だいこうほう【大公報 Dà gōng bào】

中国の新聞。1902年(光緒28)に天津で創刊,改良主義に立ったが,17年に安徽派の喉舌となる。その後押しで中国最初の近代的通信社,国聞通訊社(1921‐37,その刊行誌が《国聞週報》)ができた。26年以後,国民党政学系に属し,中国新聞界でもっとも重要な新聞の一つとなった。31年に上海版,38年に香港版(現在も続いている)等も出した。記者には張季鸞,王芸生(おううんせい)など名士が多い。文化大革命直前まで北京で発行されていたのは,解放前の系譜につらなるものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大公報
だいこうほう / ターコンパオ

中国の日刊新聞。1902年6月、満洲族の英斂之(インリエンジ)によって天津(てんしん)で創刊された。25年11月に停刊となったが、26年9月再刊され、やがて上海(シャンハイ)の『申報(しんぽう)』と並ぶ有力紙となった。その紙面編集は、日本の『朝日新聞』を参考にして一面に重要な記事を集め、ときには写真も載せた、当時の中国では斬新(ざんしん)なものであった。抗日戦争中は漢口、重慶(じゅうけい)、桂林(けいりん)、香港(ホンコン)などでも発行。戦後、上海と香港で復刊されたが、上海『大公報』は天津『進歩日報』(以前の天津『大公報』の改組紙)との合併により、発行所を天津に移した。56年、公私合営となり北京(ペキン)に移ったのち、文化大革命下の新聞界改組の影響を受け、66年9月『前進報』と題号をかえ、縮小発行したが、67年末休刊になった。[鈴木ケイ]
『徐鋳成著、李克世訳『中国報道界のうらばなし』正続(1983・第一書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大公報の関連キーワード呉汝綸申報他紙たつの新聞天津広播電視塔坪井良作董道寧山本三朗中国新聞社北京天津高速鉄道

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大公報の関連情報