コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現の証拠 ゲンノショウコ

デジタル大辞泉の解説

げん‐の‐しょうこ【現の証拠】

フウロソウ科の多年草。山野に自生。葉は手のひら状に裂ける。夏、白色や紅紫色の5弁花をつけ、実は熟すと五つに裂ける。地上部を煎(せん)じて下痢止めなどに用いる。名は、効き目がすぐに現れることに由来。みこしぐさ。 夏》「殉難碑―の花は欠く/青畝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんのしょうこ【現の証拠】

〔飲むとその証拠にすぐききめが現れる意〕
フウロソウ科の多年草。山野に自生。葉は掌状に三~五裂し柄が長い。茎は斜上して長さ40センチメートル 内外。夏、葉腋から出た花柄上に白紫色または紅紫色の小五弁花を二個開く。乾燥したものを煎じて下痢止め・健胃薬とする。ミコシグサ。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

現の証拠の関連キーワードゲンノショウコ(現の証拠)ゲンノショウコフウロソウ科ミコシグサ梅枝草健胃薬葉腋掌状

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android