コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現代財閥 げんだいざいばつ

世界大百科事典 第2版の解説

げんだいざいばつ【現代財閥】

韓国の代表的な財閥,企業グループ。建設業を中心に造船,自動車,電子,石油化学,精油,金融など幅広い分野で事業を展開している。創始者鄭周永(1915‐ )が1947年に設立した現代建設が財閥形成の起点となった。中核企業である現代建設(1995年度資本金2336億ウォン)は,朝鮮戦争後の復興とそれに続く国土開発における建設ブームに乗って成長し,さらに,ベトナムと中東の海外建設市場での成果によって,基盤を固めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

現代財閥の関連キーワード金剛山(クムガンサン)観光事業現代グループ金剛山観光白柳秀湖

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

現代財閥の関連情報