琉仲為(読み)りゅう なかため

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

琉仲為 りゅう-なかため

1820-1870 幕末-明治時代の役人。
文政3年生まれ。生地大隅(おおすみ)(鹿児島県)徳之島の井之川,岡前,伊仙,兼久で惣横目をつとめた。文久2年岡前に配流された西郷隆盛の世話をした。また元治(げんじ)元年におきた砂糖専売反対の農民一揆(いっき)(犬田布騒動)の記録「仲為日記」をのこす。明治3年死去。51歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android