琳(漢字)

普及版 字通「琳(漢字)」の解説


人名用漢字 12画

[字音] リン
[字訓] たま

[説文解字]

[字形] 形声
声符は林(りん)。〔説文〕一上に「美玉なり」とあり、〔書、禹貢〕に「球・琅(らうかん)」の名がみえ、雍州の貢する美玉の名。また琳琅は玉声。玉のふれて鳴る擬声語である。

[訓義]
1. たま、美玉の名、青色のたま。
2. 琳琅は、たまのふれて鳴る音。

[古辞書の訓]
名義抄〕琳 ―ノタマ 〔立〕琳 タマノナ・タマ

[熟語]
琳花・琳館・琳観琳球・琳琳珪琳瓊琳闕琳札琳篆・琳琳碧琳房琳腴・琳琅
[下接語]
華琳・球琳・琳・瓊琳・瑶琳・連琳

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android