コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琳瑞 りんずい

1件 の用語解説(琳瑞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

琳瑞 りんずい

1830-1867 幕末の僧。
文政13年10月27日生まれ。浄土宗。江戸で福田行誡(ぎょうかい)に師事し,処静院住持となる。東条一堂に儒学をまなび,清川八郎,高橋泥舟,山岡鉄舟らと交流し尊攘(そんじょう)をとなえた。慶応3年10月18日刺客におそわれ,19日死去。38歳。出羽(でわ)村山郡(山形県)出身。俗名は細谷房蔵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

琳瑞の関連キーワード日野資矩林其山観宗義諦広叔元運文政池尻胤房内田正徳小佐々祐利内藤政文米津政明

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone