コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琴線 キンセン

デジタル大辞泉の解説

きん‐せん【琴線】

琴の糸。
心の奥深くにある、物事に感動・共鳴しやすい感情を琴の糸にたとえていった語。「心の琴線に触れる言葉」
[補説]2は、「琴線に触(ふ)れる」で成句となり、良いものに感銘を受ける意で使う。不愉快になる意で用いるのは誤用で、その意味では「気に障る」「癪(しゃく)に障る」などの表現がある。→琴線に触れる補説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんせん【琴線】

琴に張ってある糸。
外界の事物に触れてさまざまな思いを引き起こす心の動きを琴の糸にたとえた語。 「心の-に触れる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

琴線の関連キーワード勤・謹・今・僅・勤・均・巾・懃・斤・欣・欽・琴・禁・禽・筋・緊・菌・衾・衿・襟・謹・近・金・錦ベラ・アハートヴナ アフマドゥーリナDOG★STAR(TSUYOSHI)国語に関する世論調査『千の風になって』津山検校[京都]アフマドゥーリナスキマスイッチクレーメル菊平 琴声ロシア映画ジョング人生劇場コルトー津山検校御詠歌糸の節触れる

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

琴線の関連情報