琴線(読み)きんせん

精選版 日本国語大辞典「琴線」の解説

きん‐せん【琴線】

〘名〙
やバイオリンなど、弦楽器の糸。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一一「つよく張った琴線の一部丈がきらきらと白く眼に映ります」
② (物事に感動する心情を琴の糸にたとえていう) 人間の心の奥深くにある感じやすい心情。感動し共鳴する心情。
※抒情詩(1897)独歩吟〈国木田独歩〉序「当時火の如かりし自由の理想を詠出し、永く民心の琴に触れしめたる者あらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「琴線」の解説

きん‐せん【琴線】

琴の糸。
心の奥深くにある、物事に感動・共鳴しやすい感情を琴の糸にたとえていった語。「心の琴線に触れる言葉」
[補説]2は、「琴線に触(ふ)れる」で成句となり、良いものに感銘を受ける意で使う。近年は、誤って、不愉快になる意で用いることがあるが、その意味では「気に障る」「癪(しゃく)に障る」などの表現がある。→琴線に触れる補説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android