瑠璃草(読み)るりそう

精選版 日本国語大辞典「瑠璃草」の解説

るり‐そう ‥サウ【瑠璃草】

〘名〙
ムラサキ科多年草。本州・北海道の山地の樹陰に生え、観賞用にも栽培される。高さ約三〇センチメートル。全体に軟毛を散布。葉は広倒披針形で長さ七~一五センチメートル。春、頂に二叉に分かれた花序を出し、花冠の五裂した青緑色の小花をつける。花が白色のものを玻璃草という。《・春》 〔花壇地錦抄(1695)〕
② 植物「ほたるかずら(蛍葛)」の異名。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「瑠璃草」の解説

るり‐そう〔‐サウ〕【瑠璃草】

ムラサキ科の多年草。山地の林内に生え、高さ約30センチ。全体に細かい毛があり、長卵円形の葉を互生。4、5月ごろ、茎の先が二またに分かれ、淡青色の花を総状につける。 春》
ホタルカズラ別名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「瑠璃草」の解説

瑠璃草 (ルリソウ)

学名Omphalodes krameri
植物。ムラサキ科の多年草,園芸植物

瑠璃草 (ルリソウ)

植物。ツユクサ科の一年草,薬用植物。ツユクサの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android