コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑠璃草 ルリソウ

デジタル大辞泉の解説

るり‐そう〔‐サウ〕【瑠璃草】

ムラサキ科の多年草。山地の林内に生え、高さ約30センチ。全体に細かい毛があり、長卵円形の葉を互生。4、5月ごろ、茎の先が二またに分かれ、淡青色の花を総状につける。 春》
ホタルカズラの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

るりそう【瑠璃草】

ムラサキ科の多年草。山中の林下に自生し、観賞用に栽培もされる。全体に毛がある。根葉は広倒披針形。春、高さ約30センチメートルの花茎の頂に二分する総状花序を立て、花冠が五裂した青色の花をまばらにつける。
ホタルカズラの異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

瑠璃草の関連キーワードヘリオトロープ総状花序互生総状花茎根葉林下蛍蔓本節

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android