瑠璃草(読み)ルリソウ

デジタル大辞泉の解説

るり‐そう〔‐サウ〕【瑠璃草】

ムラサキ科の多年草。山地の林内に生え、高さ約30センチ。全体に細かい毛があり、長卵円形の葉を互生。4、5月ごろ、茎の先が二またに分かれ、淡青色の花を総状につける。 春》
ホタルカズラの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

るりそう【瑠璃草】

ムラサキ科の多年草。山中の林下に自生し、観賞用に栽培もされる。全体に毛がある。根葉は広倒披針形。春、高さ約30センチメートルの花茎の頂に二分する総状花序を立て、花冠が五裂した青色の花をまばらにつける。
ホタルカズラの異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

るり‐そう ‥サウ【瑠璃草】

〘名〙
① ムラサキ科の多年草。本州・北海道の山地の樹陰に生え、観賞用にも栽培される。高さ約三〇センチメートル。全体に軟毛を散布。葉は広倒披針形で長さ七~一五センチメートル。春、茎頂に二叉に分かれた花序を出し、花冠の五裂した青緑色の小花をつける。花が白色のものを玻璃草という。《季・春》 〔花壇地錦抄(1695)〕
② 植物「ほたるかずら(蛍葛)」の異名。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android