コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓠花 ヒサゴバナ

デジタル大辞泉の解説

ひさご‐ばな【×瓠花】

1の花。
上代、15、6歳の少年が、瓠の花にかたどった髪を額に束ねた髪形。
「年少児(わらはみこ)の年十五、六の間は―す」〈崇峻紀〉
瓠の花にかたどった造花。髪飾りとし、左右に分かれてする相撲の右方の目印とした。
「皆相撲の装束し、―かざしなど」〈宇津保・内侍督〉
波の白く立つようすをいう語。
「沖に―といへるものの立ちけるを見て」〈散木集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひさごばな【瓠花】

の花。
瓠の花をかたどった造花で、左右に分かれて試合をする相撲の右の組の印としたもの。 「皆相撲の装束し、-挿頭などいと珍らかなることどもしつつ/宇津保 初秋
上代の少年の髪の結い方か。 「是の時、厩戸皇子、-にして/日本書紀 崇峻訓
波頭の白くくだけるさまのたとえ。 「沖に-といへるもののたちけるを見て/散木奇歌集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

瓠花の関連キーワード散木奇歌集厩戸皇子

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android