瓠花(読み)ヒサゴバナ

デジタル大辞泉の解説

ひさご‐ばな【×瓠花】

1の花。
上代、15、6歳の少年が、瓠の花にかたどった髪を額に束ねた髪形。
「年少児(わらはみこ)の年十五、六の間は―す」〈崇峻紀〉
瓠の花にかたどった造花。髪飾りとし、左右に分かれてする相撲の右方の目印とした。
「皆相撲の装束し、―かざしなど」〈宇津保・内侍督〉
波の白く立つようすをいう語。
「沖に―といへるものの立ちけるを見て」〈散木集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひさごばな【瓠花】

の花。
瓠の花をかたどった造花で、左右に分かれて試合をする相撲の右の組の印としたもの。 「皆相撲の装束し、-挿頭などいと珍らかなることどもしつつ/宇津保 初秋
上代の少年の髪の結い方か。 「是の時、厩戸皇子、-にして/日本書紀 崇峻訓
波頭の白くくだけるさまのたとえ。 「沖に-といへるもののたちけるを見て/散木奇歌集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android