コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラカ

デジタル大辞泉の解説

いらか【×甍】

《高くとがっている部分の意の「苛処(いらか)」からという》
家の上棟(うわむね)。家屋の背。屋根の頂上の部分。また、屋根に葺(ふ)いた棟瓦(むねがわら)。
屋根瓦。また、瓦葺きの屋根。「の波」
切妻(きりづま)屋根の下にある三角形の壁の部分。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

単に、棟瓦(むながわら)という意味もあるが、屋根瓦、または、上棟(うわむね)全体のことを表す。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

いらか【甍】

屋根の大棟。また、棟瓦むねがわら
瓦葺きの屋根。また、葺いた瓦。 「 -の波」
切妻屋根の三角形の部分。
[句項目] 甍を争う 甍を並べる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【破風】より

…切妻造や入母屋(いりもや)造などの屋根の妻側(棟の端)において合掌形に付けられた板,あるいは,その板を組んだ部分をいう。搏風とも書き,甍(いらか)ともいわれる。
[日本]
 屋根の形式で分けると,切妻破風(切破風),入母屋破風のほか,屋根面の途中に棟を突き出して設けた据(すえ)破風,向拝(こうはい)や庇(ひさし)のように茅負(かやおい)や隅木に取り付く縋(すがる)破風,軒の中央に設けられた軒唐(のきから)破風がある。…

※「甍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

甍の関連キーワード河原崎長十郎(2世)河原崎長十郎(2代)奈良県橿原市今井町霧不断の香を焚く河原崎長十郎小佐川源次郎姫田真左久田村 高広山崎竜之介賀茂別雷命大竹 康市歴史小説林 美一小川悦子井上 靖上沢美咲平泉文化天平の甍名菊最中甍を争う

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甍の関連情報