コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上棟 ジョウトウ

百科事典マイペディアの解説

上棟【じょうとう】

棟上(むねあげ),建前とも。木造建築で,棟木をつりあげ取り付けること。またその儀式をもいい,の上に幣(ぬさ)をたてたり弓矢を飾ったり,また餅(もち)をまいたりして祝う。
→関連項目大黒柱

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうとう【上棟】

新築のとき柱梁などを組み立てた上に棟木を上げること。棟上(むねあげ)ともいい,その儀をも指す。古い時代の儀式では,大工は束帯を着し幣(ぬさ)を取って屋上に昇る。天御中主(あめのみなかぬし)大日孁貴(おおひるめのむち),月弓(つくゆみ)尊などをまつる祭壇は正式には屋上と柱根両所に設けるが,略していずれか一方に設けることもある。祭壇には槌,鏡餅,陰形(めがた)餅,九曜餅,月形餅,魚貝・野菜類,清酒,木綿綱,破魔弓,扇子などを供える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じょうとう【上棟】

家などを建てるとき、柱・梁はりなどの組み立てを済ませて棟木を上げること。むねあげ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の上棟の言及

【建築儀礼】より

…古代寺院の造営でも,基礎工事では鎮壇具を地中に埋めて安全を祈り,完成のときには造立供養(ぞうりゆうくよう)が行われた。平安時代以降の建築工事では,礎(いしずえ)(礎石を据えるとき),手斧始(ちようなはじめ)(事始(ことはじめ),木作始(きづくりはじめ)とも呼び,材木加工の開始),立柱(りつちゆう)・柱立(はしらだて)(柱を立てるとき),上棟(じようとう)・棟上(むねあげ)(棟木をのせるとき)が主要な儀式で,日時をあらかじめ陰陽師が卜占し,当日は建築工匠と工事関係者が工事場に集まって儀式を行った。手斧始では工匠が材木に墨糸で墨を打って手斧で削る所作を行い,上棟では棟木上に五色の絹や御幣を飾り,酒を供えた。…

※「上棟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

上棟の関連キーワード隅の餅・隅の餠賀茂社遷宮記げんなり鮨大仏様建築左中太常澄物部為国セレスポあさひ登大報恩寺棟上げ式浄土寺上棟式本成寺上棟銭陳和卿建て前忘筌席臨時祭棟上げ四隅餅

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上棟の関連情報