向原寺(読み)コウゲンジ

デジタル大辞泉の解説

こうげん‐じ〔カウゲン‐〕【向原寺】

むくはらでら

むくはら‐でら【向原寺】

奈良県高市郡明日香村にあった日本最初の寺。欽明天皇13年(552)百済(くだら)から献上された仏像を、蘇我稲目小墾田(おはりだ)の家、のち向原の家に安置して寺としたのに始まるという。推古天皇の時代に豊浦(とゆら)に移転、豊浦寺と称した。現在はその跡地に向原(こうげん)寺(広厳寺)がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうげんじ【向原寺】

奈良県明日香村にある浄土真宗の寺。 → むくはらでら(向原寺)

むくはらでら【向原寺】

奈良県明日香村豊浦とゆらにあった日本最初の寺。552年、蘇我稲目そがのいなめが百済くだら王から献じられた仏像・経論を小墾田おはりだの家に安置し、のち向原の家に移して寺としたという。推古朝期(592~628)には豊浦に移り、豊浦寺と称した。現在その跡地に浄土真宗の向原こうげん寺(広厳寺とも)がある。小墾田寺。豊浦寺。建興寺。桜井寺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうげん‐じ カウゲン‥【向原寺】

奈良県高市郡明日香村豊浦にある浄土真宗本願寺派の寺。山号は太子山。欽明天皇一三年(五五二)百済の聖明王が献じた仏像、経典を安置した日本最古の寺。広厳寺。むくはらでら。建興寺。桜井寺。豊浦寺(とゆらでら)。小懇田(おはりだ)寺。

むくはら‐でら【向原寺】

奈良県高市郡明日香村豊浦(とゆら)にあった寺。欽明天皇一三年(五五二)百済から献じられた仏像経典を蘇我稲目が小墾田(おはりだ)の家に安置したという。のち向原の家を寺として移す。日本最初の寺院。物部氏に破壊されたが再建されて建興寺と称し、豊浦宮の地を賜わって移り、豊浦寺と称した。現在は浄土真宗の向原(こうげん)(=広厳)寺となっている。小墾田寺。桜井寺。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の向原寺の言及

【豊浦寺】より

…奈良県高市郡明日香村にあった古代寺院。浄土真宗の広厳(向原)(こうげん)寺がその後身と伝える。建興寺とも称し,飛鳥寺(法興寺)と並ぶ日本最古の寺院。縁起は《元興寺(がんごうじ)伽藍縁起幷流記(るき)資財帳》に取り込まれているが,それによれば,538年に百済から仏像が渡ってくると蘇我稲目(そがのいなめ)の建言で牟久原(向原)(むくはら)の宮に安置され,582年に桜井の道場に移って司馬達等(しばたつと)の娘善信ら3人の尼が住んだが,ついで593年(推古1)に推古天皇は,桜井の道場を聖徳太子に造営をゆだね,等由良(とゆら)宮を寺となして等由良(豊浦)寺と号したという。…

【寺院】より

…所在の山名を付けた山号は,かつて寺院が山岳にあったなごりとされる。 日本最初の寺院は,蘇我稲目(そがのいなめ)(?‐570)が仏教伝来まもなく,仏像を自邸に安置して向原(むくはら)寺と称したのに始まるという。そののち7世紀,有力氏族がしだいに寺院を建立,624年(推古32)寺院数46を数えたといい,四天王寺式,法隆寺式などと呼ばれる七堂伽藍の堂舎(伽藍配置)を整えた古代寺院が営まれだした。…

※「向原寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android