生さぬ仲(読み)ナサヌナカ

デジタル大辞泉の解説

なさぬ‐なか【生さぬ仲】

[連語]血のつながりのない親子の間柄。柳川春葉の同名の新聞小説が、大正2年(1913)に劇化されてから広まった語。
[補説]書名別項。→生さぬ仲

なさぬなか【生さぬ仲】

柳川春葉の小説。実母と継母、継子の葛藤を描く。大正元年(1912)から大正2年(1913)にかけて「大阪毎日新聞」に連載。単行本は大正2年(1913)刊行。同年舞台化されて流行、義理親子関係を「生さぬ仲」と呼ぶようになった。映画化作品も多数ある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

生(な)さぬ仲

1932年公開の日本映画。監督:成瀬巳喜男、原作:柳川春葉による同名小説、脚本:野田高梧、撮影:猪飼助太郎。出演:奈良真養、築波雪子、岡譲二、結城一朗、岡田嘉子ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

なさぬなか【生さぬ仲】

〔「なす」は生むの意〕
義理の親子の間柄。血のつながっていない親子関係。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android