生涯賃金(読み)ショウガイチンギン

人材マネジメント用語集の解説

生涯賃金

・Lifetime Earnings
労働者が一生の内に得ることができる賃金総額
・一般的には学校卒業から、定年までの間に得られる賃金の総計となる。
・大卒男子で約2億9千万、高卒男子で約2億2千万程度といわれる(男女の差、企業規模の差により、生涯賃金は大きく異なる)。
・嘗ては終身雇用を前提とした社会であったため、生涯賃金のモデルは重要な指標のひとつであったが、近年働き方の多様化や終身雇用が崩れていること等により、モデルの重要性は相対的に低下してきている。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうがいちんぎん【生涯賃金】

新卒で入社した労働者が、退職までに取得する定期給与および特別給与の累積額に退職金を加えた額。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうがい‐ちんぎん シャウガイ‥【生涯賃金】

〘名〙 労働者が生涯にわたって働いて得た賃金の総額。給与、賞与、退職金のほかに年金を含めることもある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生涯賃金の関連情報