生涯賃金

人材マネジメント用語集「生涯賃金」の解説

生涯賃金

・Lifetime Earnings
労働者一生に得ることができる賃金総額
・一般的には学校卒業から、定年までの間に得られる賃金の総計となる。
・大卒男子で約2億9千万、高卒男子で約2億2千万程度といわれる(男女の差、企業規模の差により、生涯賃金は大きく異なる)。
・嘗ては終身雇用前提とした社会であったため、生涯賃金のモデルは重要な指標のひとつであったが、近年働き方の多様化や終身雇用が崩れていること等により、モデルの重要性は相対的に低下してきている。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

デジタル大辞泉「生涯賃金」の解説

しょうがい‐ちんぎん〔シヤウガイ‐〕【生涯賃金】

労働者が、新卒から定年までの期間に取得する総賃金。ふつう、給与・残業代・ボーナス・退職金などの総計をいうが、これに退職後の収入年金を含めることもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「生涯賃金」の解説

しょうがい‐ちんぎん シャウガイ‥【生涯賃金】

〘名〙 労働者が生涯にわたって働いて得た賃金の総額。給与、賞与、退職金のほかに年金を含めることもある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android