コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生物剤 セイブツザイ

デジタル大辞泉の解説

せいぶつ‐ざい【生物剤】

生物テロで兵器として使用される病原性微生物毒素。接触・摂取・吸引などにより生体内に入り、増殖あるいは作用し、発病・死亡させる。
[補説]厚生労働省は、生物テロに使用されるおそれのある病原体等の管理強化を促すため、エボラウイルス、クリミアコンゴ出血熱ウイルス、痘瘡(とうそう)(天然痘)ウイルス、南米出血熱ウイルス、マールブルグウイルス、ラッサウイルス(以上、所持等を禁止)、SARSコロナウイルス、炭疽菌野兎(やと)病菌、ペスト菌ボツリヌス菌ボツリヌス毒素(以上、所持等に許可が必要)など52種類の病原体・毒素について取り扱い上の義務・罰則を定めている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

生物剤の関連キーワード大量破壊兵器関連技術移転管理機構SARSコロナウイルス生物毒素兵器禁止条約生物兵器禁止条約エボラウイルスCBR兵器生物兵器農薬

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生物剤の関連情報