コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生痕 せいこん trace fossil

翻訳|trace fossil

4件 の用語解説(生痕の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生痕
せいこん
trace fossil

痕跡化石ともいう。生物の生命現象,生活現象として堆積物に残されている化石。たとえば,足跡,尾を引きずった跡,はった跡,穿孔 (穿孔貝などが岩や木片にあけた孔,肉食貝が他の貝殻にあけた孔など) ,巣,巣穴,排泄物など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せい‐こん【生痕】

生痕化石

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

生痕

生物が移動した跡(track),生物が作った穴(burrow),捕食や排泄など食性についての痕跡(feeding mark)など,古生物が生活したことを示す痕跡.痕跡化石trace fossil)ということもある[木村ほか : 1973].bioglyphともいう[Abel : 1912].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せいこん【生痕】

過去の生物の生活のあとをとどめる化石。足痕・穿孔せんこう・潜穴・巣・糞石など。生痕化石。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生痕の関連キーワード腐生薬剤耐性生物検定単性捕食無菌生物資材生物学的酸素要求量生体毒素好気性微生物

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone