コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生痕 せいこんtrace fossil

翻訳|trace fossil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生痕
せいこん
trace fossil

痕跡化石ともいう。生物の生命現象,生活現象として堆積物に残されている化石。たとえば,足跡,尾を引きずった跡,はった跡,穿孔 (穿孔貝などが岩や木片にあけた孔,肉食貝が他の貝殻にあけた孔など) ,巣,巣排泄物など。恐竜,鳥類などのもっていた胃石も生痕である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典の解説

生痕

生物が移動した跡(track),生物が作った穴(burrow),捕食や排泄など食性についての痕跡(feeding mark)など,古生物が生活したことを示す痕跡.痕跡化石(trace fossil)ということもある[木村ほか : 1973].bioglyphともいう[Abel : 1912].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

せいこん【生痕】

過去の生物の生活のあとをとどめる化石。足痕・穿孔せんこう・潜穴・巣・糞石など。生痕化石。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

生痕の関連キーワードアーベル(Othenio Abel)エディアカラ動物群フリッシュ(地学)O. アーベルプロブレマチカサンドパイプ古代アマモ化石糞学アーベル古生痕学生活化石体化石糞石単層

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android