コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生白庵行風 せいはくあんこうふう

2件 の用語解説(生白庵行風の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せいはくあんこうふう【生白庵行風】

近世初期の狂歌師。生没年不詳。延宝(1673‐81)末年没か。大坂高津に住する浄土真宗の僧侶で,貞門の松江重頼に俳諧を学ぶ。狂歌史上初の撰集《古今夷曲集》以下《後撰夷曲集》《銀葉夷歌集》等を編し,地誌《有馬私雨》《迎湯有馬名所鑑》等にも狂歌を多く収める。〈欲垢も絶えず浮世のさがの釈迦お身拭にもとれる散銭〉(《後撰夷曲集》)。【森川 昭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生白庵行風
せいはくあんこうふう

生没年不詳。江戸前期の狂歌作者、俳人。延宝(えんぽう)(1673~81)末年没か。大坂高津に住した浄土真宗の僧で、字(あざな)は懐忠。生白堂、高津汚道士(たかつおどうし)ともいう。俳諧(はいかい)を重頼(しげより)に学び『佐夜中山(さよのなかやま)集』などに入集(にっしゅう)、『大坂誹歌仙(はいかせん)』(1673)の一人に数えられる。しかし俳諧よりは狂歌に主力を注ぎ、狂歌史上、狂歌を主として活動した最初の人で、熊本の永崎一見や永田貞柳(ていりゅう)の叔父の貞富(ていふ)など遠近多数の人から狂歌の加点を請われた。編著に『古今夷曲(こきんいきょく)集』『後撰(ごせん)夷曲集』『銀葉夷歌集』があり、また校閲した地誌『有馬(ありま)私雨』や自編の『迎湯(げいとう)有馬名所鑑(かがみ)』にも発句とともに狂歌を多く収めている。
 欲垢(よくあか)も絶えぬうき世の嵯峨(さが)の釈迦(しゃか)御身拭(おみぬぐひ)にもとれる賽銭(さいせん)[森川 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の生白庵行風の言及

【古今夷曲集】より

…狂歌集。生白庵行風編。1666年(寛文6)京都安田十兵衛刊。…

※「生白庵行風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

生白庵行風の関連キーワード砧音高日観劉徽狂歌師雪村梶川彦兵衛辺仁之无子柳原竹光やはり棟梁四方山詠女

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone