コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生駒耕雲 いこま こううん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生駒耕雲 いこま-こううん

1808-1880 江戸後期-明治時代の医師。
文化5年生まれ。京都の日野鼎哉(ていさい)に西洋医学をまなぶ。嘉永(かえい)年間,越前(えちぜん)福井藩で笠原白翁(はくおう)と種痘の普及につとめた。明治13年5月死去。73歳。加賀(石川県)出身。通称は俊蔵。号は灰翁。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

生駒耕雲の関連キーワード明治時代