コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

讃岐国 さぬきのくに

5件 の用語解説(讃岐国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

讃岐国
さぬきのくに

現在の香川県。南海道の一国。上国。『古事記』では「飯依比古」と称し,古くは讃岐国造の支配したところであった。讃岐国造は『日本書紀』続日本紀』『三代実録』『旧事本紀』にもみえ,応神天皇のときに景行天皇の皇子神櫛王が国造となったという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

讃岐国【さぬきのくに】

旧国名。讃州とも。南海道の一国,現在の香川県。《延喜式》に上国,11郡。気候温暖で畿内に近いため古くから開けた。中世後期,細川氏守護の後,三好・長宗我部氏の支配を経て,近世には高松・丸亀など諸藩に分封。
→関連項目一円保香川[県]国分寺[町]四国地方朝鮮式山城

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

藩名・旧国名がわかる事典の解説

さぬきのくに【讃岐国】

現在の香川県域を占めた旧国名。律令(りつりょう)制下で南海道に属す。「延喜式」(三代格式)での格は上国(じょうこく)で、京からの距離では中国(ちゅうごく)とされた。国府は現在の坂出(さかいで)市府中(ふちゅう)町、国分寺は高松市国分寺町におかれていた。平安時代初期に活躍した真言宗の開祖空海はこの地で生まれ、四国八十八ヵ所の札所が各地にある。10世紀前半に藤原純友(ふじわらのすみとも)の乱の舞台の一つとなり、1185年(文治(ぶんじ)1)には屋島(やしま)で源平が戦った。鎌倉時代守護佐々木氏、近藤氏など、南北朝時代以降は細川氏戦国時代には三好長慶(みよしながよし)長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)が領有した。江戸時代には松平氏の高松藩、山崎氏のちに京極氏丸亀藩がおかれた。1871年(明治4)の廃藩置県により香川県が誕生。1873年(明治6)に名東(みょうどう)県に併合されたが1875年(明治8)に再置。さらに1876年(明治9)に愛媛県に併合されたが、1888年(明治21)に分かれて現在の香川県となった。◇讃州(さんしゅう)ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さぬきのくに【讃岐国】

旧国名。讃州。現在の香川県。
[古代]
 南海道に属する上国(《延喜式》)。讃岐国は低平で大河川に乏しく降雨量が極端に少なく,その農業史は干ばつとのたたかいの歴史であったが,同時に満濃(まんのう)池(現,仲多度郡満濃町,仲南(ちゆうなん)町)など溜池灌漑の発達と畑作の発達によって,古くより安定した小規模経営の確立がみられた。また多数の島嶼を擁し,瀬戸内海交通の要衝を占めていたため,中央政権との政治的・軍事的関係が緊密であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

讃岐国
さぬきのくに

香川県の旧国名。南海道に属する。南に阿波(あわ)、西に伊予(いよ)、北は瀬戸内海を隔てて三備(さんび)(備前(びぜん)・備中(びっちゅう)・備後(びんご))に相対する。古くは『古事記』に国名がみえる。当地を開発した忌部(いんべ)氏が矛竿(ほこさお)を貢ぎ物としたことから、竿調国(さおつきのくに)といわれ、それが「さぬき」につづまったとも伝えられる。『延喜式(えんぎしき)』では、大内(おおち)、寒川(さむかわ)、三木(みき)、山田、香川、阿野(あや)、鵜足(うたり)、那珂(なか)、多度(たど)、三野(みの)、刈田(かりた)(豊田(とよた))の11郡であった。国府は現在の坂出(さかいで)市府中町に、国分寺は現在の高松(たかまつ)市国分寺町国分にあった。条里制の遺構は各地に残り、三条、四条、五条、一ノ坪、六ノ坪などの地名が多くみられる。雨量が少なく干害が多かったため、溜池(ためいけ)が各地につくられ、大宝(たいほう)年間(701~704)国守道守朝臣(みちもりのあそん)が築造し、のち821年(弘仁12)に空海が修築したといわれる満濃池(まんのういけ)は著名である。おもな荘園(しょうえん)としては、皇室領の野原(のはら)荘・姫江(ひめえ)荘・長尾(ながお)荘、摂関家領の子松(こまつ)荘(宣仁門院(せんにんもんいん)領)・詫間(たくま)荘(九条(くじょう)家領)・栗隈(くりくま)荘(近衛(このえ)家領)、寺社領に神崎(かんざき)荘・藤原荘(興福寺(こうふくじ)領)・富田(とみた)荘・多度荘(安楽寿院(あんらくじゅいん)領)・真野(まの)荘・金倉(かなくら)荘(園城寺(おんじょうじ)領)・二宮(にのみや)荘(仁和寺(にんなじ)領)・吉原荘・良田(よしだ)荘(善通寺(ぜんつうじ)領)・牟礼(むれ)荘・本山(もとやま)荘(石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)領)などがあげられる。
 鎌倉時代になると守護に橘公業(たちばなのきみなり)が任ぜられ、後藤・近藤・三浦氏と変遷し、その後、北条氏一門が守護になる。南北朝時代に細川氏の支配が伸び、その領国として戦国期まで続く。鵜足郡宇多津(うたづ)を守護所とし、安富(やすとみ)・香川氏が守護代となった。当地では古くから水運に携わる者が多かったが、とくに中世の塩飽(しあく)水軍は、丸亀沖の塩飽諸島を拠点に活発な動きを示した。応仁(おうにん)の乱(1467~1477)には多くの讃岐武士が出陣したが、その一方で細川氏の領国支配力は弱まり、在地武士が割拠し勢力を競った。やがて阿波で勢力をもっていた三好氏が侵入し、細川氏の支配に終止符を打つが、1584年(天正12)土佐の長宗我部元親(ちょうそがべもとちか)の侵攻によって征服される。豊臣(とよとみ)秀吉の四国制圧により仙石秀久(せんごくひでひさ)が入国し、やがて尾藤知宣(びとうとものり)に支配され、1587年生駒親正(いこまちかまさ)が入国して17万石を領し、翌年高松城を築城し居城とする。4代高俊(たかとし)のときに藩内での新旧家臣の権力争いである生駒騒動が起こり、出羽(でわ)国に転封となる。1642年(寛永19)松平頼重(まつだいらよりしげ)が東讃12万石を領し、1641年(寛永18)西讃は山崎氏が5万3000石を領し丸亀藩を興す。山崎氏の後に京極(きょうごく)氏が6万石で封ぜられ、1694年(元禄7)多度津1万石が分封され、当国は3藩となり幕末に至る。廃藩置県により1871年(明治4)2月、多度津藩は倉敷県に併合され、4月に丸亀(まるがめ)藩、10月に高松藩がそれぞれ丸亀県、高松県となる。同年11月、高松・丸亀2県は香川県に統合される。1873年名東(みょうどう)県に合併されたが、1875年ふたたび香川県を置く。翌年愛媛県に合併され、1888年に分かれて香川県となり現在に至る。
 讃岐の産業は、円座(えんざ)、檀紙(だんし)の生産が早くから行われており、塩の生産は江戸時代に入って急増、高松藩の指揮下に藩の測量方であった久米栄左衛門(くめえいざえもん)(通賢(みちかた))が普請奉行(ふしんぶぎょう)となり、塩田開発が進められた。砂糖も藩の奨励作物で、綿とあわせてこの3品は「讃岐三白(さんぱく)」といわれた。さらに丸亀藩でつくられ始めた団扇(うちわ)や、小豆島(しょうどしま)産の石材も名高い。また当国は空海の生誕地でもあり、四国八十八か所の札所が各地にみられ、海上信仰の金刀比羅宮(ことひらぐう)も「こんぴらさん」として親しまれている。[橋詰 茂]
『『新修香川県史』(1953・香川県) ▽『香川叢書』(1971・香川県/再刊・1972・名著出版) ▽『新編香川叢書』全5巻(1979~83・香川県) ▽福家惣兵衛著『香川県通史』(1965・上田書店) ▽市原輝士・山本大著『県史シリーズ37 香川県の歴史』(1971・山川出版社) ▽香川地方史研究会編『讃岐の歴史』(1975・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

讃岐国の関連キーワード淡路国阿波国越中国相模国志摩国能登国安房佐渡根室肥後

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

讃岐国の関連情報