産院(読み)さんいん

日本大百科全書(ニッポニカ)「産院」の解説

産院
さんいん

病院のうち主として産婦人科、小児科の診療を行う場合に認められる呼称で、とくに使用に対する制限はない。しかし、診療所助産所にあっては産という名称は使用できない。産院はおもに大都市にあり、公的病院として開設されており、入院経費は安く、取扱い分娩(ぶんべん)件数も多い。

[尾崎恭輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「産院」の解説

さん‐いん ‥ヰン【産院】

〘名〙 妊婦、産婦、新生児をとり扱う医院。〔新しき用語の(1921)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android