コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用捨箱 ヨウシャバコ

デジタル大辞泉の解説

ようしゃ‐ばこ【用捨箱】

箱の中を仕切って必要な文書と用済みの文書を区分けして入れるようにしたもの。
[補説]書名別項。→用捨箱

ようしゃばこ【用捨箱】[書名]

江戸後期の随筆。3巻。柳亭種彦著。天保12年(1841)刊。51条からなり、主として近世初期の風俗習慣を考証したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ようしゃばこ【用捨箱】

江戸後期の考証随筆。柳亭種彦著。1841年(天保12)刊。3巻3冊。〈俳諧用捨箱〉の外題を付した後摺本もある。近世初期の市井の風俗や言語などについての考証が大部分。上巻14条,中巻19条,下巻17条と追考2条から成る。ほとんど刊年の明確な俳書を援用して実証し,また古版本の挿絵や古画を模写,透写して多数載せて画証としており,所説に信憑性が高い。引用資料中には現存不明のものもあり,資料的価値も高い。【鈴木 重三

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ようしゃばこ【用捨箱】

中を縦に仕切り、取捨した書状の区分けに用いた箱。
書名(別項参照)。

ようしゃばこ【用捨箱】

随筆。三巻。柳亭種彦著。1841年刊。五一条から成り、さまざまな風俗習慣などについて古俳諧を引用しながら考証したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

用捨箱の関連キーワード継ぎ歌・続ぎ歌・継歌・次歌阿弥陀胸割きしめん奥浄瑠璃うどん書名書状

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android