田中 緑紅(読み)タナカ リョツコウ

20世紀日本人名事典「田中 緑紅」の解説

田中 緑紅
タナカ リョツコウ

大正・昭和期の郷土史家



生年
明治24(1891)年1月12日

没年
昭和44(1969)年4月22日

出生地
京都府京都市

本名
田中 俊次

学歴〔年〕
京都一中中退

経歴
代々、京都・九条家の御典医を務める家柄に生まれる。京の伝説や風俗に興味を持ち、市井の郷土史家として、京の町々に埋もれる民俗を丹念に発掘。50年がかりで執筆した「緑紅叢書」(全50巻)は京の百科事典と称され、当時の風俗や民衆の姿を伝える貴重な資料となった。一方、大衆芸能をこよなく愛し、日本画家・堂本印象の兄・寒星らとともにの音会を結成、芸能文化を紹介した。また、京を語る会を主宰する傍ら卓球やボウリング選手として活躍するなど、多方面でその才能を発揮した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android