コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中塊堂 たなか かいどう

3件 の用語解説(田中塊堂の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

田中塊堂

書家。岡山県生。名は英市。川谷尚亭に師事したが、仮名は独習した。相沢春洋田中親美との古筆の研究に加え、古写経の研究にも大きな成果をあげた。日本芸術院賞受賞。毎日書道展名誉会員・日展参与。昭和51年(1976)歿、79才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中塊堂 たなか-かいどう

1896-1976 昭和時代の書家。
明治29年2月10日生まれ。漢字を川谷尚亭(かわたに-しょうてい)にまなび,かなは独学で古筆を習得した。古写経の調査・研究にあたり,「古写経綜鑒(そうかん)」「日本古写経現存目録」を刊行。帝塚山(てづかやま)学院大教授。千草会を主宰。昭和44年芸術院賞。昭和51年2月1日死去。79歳。岡山県出身。大阪貿易語学校卒。本名は英市。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中塊堂
たなかかいどう
(1896―1976)

書家。岡山県矢掛(やかげ)町出身。本名は英市(えいいち)。28歳で川谷尚亭(かわたにしょうてい)に師事し本格的に書を始めたが、仮名は独学で極め、大字仮名の作品を多数発表、それまで細字に限られていた仮名の表現領域を広めることにより、現代仮名書壇の隆盛の基礎を築いた。帝塚山(てづかやま)学院教授を務めるかたわら、自ら千草会を主宰し、相沢春洋(しゅんよう)、田中親美(しんび)とともに古筆(こひつ)の研究にも力を注ぎ、『かな研究』を発行した。一方、わが国の古写経の体系的な調査研究の草分けとしても評価が高い。東大寺、四天王寺をはじめ全国の寺社を踏査し、古写経の研究収集に努めた成果として『古写経綜鑒(そうかん)』『日本写経現存目録』を著した。1968年(昭和43)芸術院賞受賞。[神崎充晴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中塊堂の関連キーワード鈴木翠軒赤羽雲庭浅見喜舟飯田百川香川春蘭木村知石高頤斎佐竹古関宮川翠雨山崎節堂

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone