コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中親美 たなか しんび

美術人名辞典の解説

田中親美

書家。京都生。画家田中有美の子。多田親愛に師事。『隆能源氏絵巻』『平家納経』等、文化財の復元複製を完成させる前人未踏の事業を完成する。また「高野切」「手鑑」類等の古筆の複製本を発行。かな書道の発展に尽した。昭和50年(1975)歿、100才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中親美 たなか-しんび

1875-1975 明治-昭和時代の日本美術研究家。
明治8年4月9日生まれ。田中有美(ゆうび)の長男。絵を父に,書を多田親愛(しんあい)にまなぶ。「源氏物語絵巻」「平家納経」などおおくの古画,古筆を復元模写し,「月影帖」などの複製本を刊行。平安朝美術の研究とその普及につくす。昭和35年芸術院恩賜賞。昭和50年11月24日死去。100歳。京都出身。本名は茂太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たなかしんび【田中親美】

1875~1975) 日本美術研究家。京都生まれ。多くの古筆・古画の複製や版行に尽力。古筆の鑑定・収集家としても著名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中親美
たなかしんび
(1875―1975)

日本美術研究家。京都の人。本名は茂太郎(しげたろう)。冷泉為恭(れいぜいためちか)の従弟田中有美(ゆうび)の長男。絵を父に、書を多田親愛(ただしんあい)に学んだ。親愛のもとで古筆の模写に接し、1894年(明治27)初めて『紫式部日記絵巻』の模写に従事。以後、収集家吉田丹左衛門、益田孝(ますだたかし)(鈍翁(どんおう))らの後援を受け、大口周魚(しゅうぎょ)らの知遇を得て、『源氏物語絵巻』『本願寺本三十六人集』『元永(げんえい)本古今和歌集』『平家納経(へいけのうきょう)』『久能寺経(くのうじきょう)』の復元模写を完成させた。また古筆の名品を集めた『月影帖(つきかげじょう)』、手鑑(てかがみ)『ひぐらし帖』、さらに『佐竹(さたけ)本三十六歌仙』の刊行と、平安朝美術の復元・鑑識・普及に努めた。1959年度(昭和34)芸術院恩賜(おんし)賞を受賞。昭和50年100歳で没した。[島谷弘幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の田中親美の言及

【書】より

…これは華族や大名家に秘蔵の名品を実査し,和様書道の源流を極めんとするもので,小野鵞堂や後年西本願寺で《三十六人集》を発見した大口周魚(1864‐1920)もその会員であった。そして,平安時代の仮名の学問的研究と実技とを兼ね備えた尾上柴舟は,大口周魚に負うところがあり,田中親美による平安時代名跡の実査研究と復元的技術による複製制作は,和様書道の発展に寄与するところ多大であった。 現代の書道界は第2次世界大戦後の1948年第4回日展に初めて書道部門が加わり,漢字,仮名,篆刻など古来の伝統を踏まえて現代美術界の分野に新しく加入することとなった。…

※「田中親美」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

田中親美の関連キーワード森川如春庵福田喜兵衛相沢 春洋植村和堂昭和時代相沢春洋江川吟舟田中塊堂鈴木梅溪古筆学版行

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android