コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中豊益 たなかの とよます

2件 の用語解説(田中豊益の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中豊益 たなかの-とよます

藤原明衡(あきひら)作の「新猿楽記(しんさるがくき)」の登場人物
出羽権介(でわのごんのすけ)の肩書をもつ。公領や荘園の田地の耕作をうけおう農業経営の専門家(田堵(たと))のひとり大名田堵といわれる「数町の戸主(へぬし)」で,作物の収穫量がおおく,上納の期限におくれがないなど,田堵の理想的な姿としてえがかれている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中豊益
たなかのとよます

平安時代後期の大名田堵(たと)。『新猿楽記(しんさるがくき)』(藤原明衡(あきひら)作?)に登場する創作上の人物。その名は農業経営の専門家であることを示す仮名。出羽権介(でわごんのすけ)という肩書をもち、「春は一粒をもて地面に散らすといへども、秋は万倍をもて蔵の内に納」め、官(国衙(こくが))に上納するにおいては、「いまだ束把合夕(そくはごうしゃく)の未進(みしん)を致」すことのない理想的な田堵像として描かれている。創作上の人物とはいえ、当時の田堵の理念型を示すものとして注目すべき人物像である。[渡辺正樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中豊益の関連キーワード新猿楽記藤原明衡本朝文粋明衡往来調所昭平入道親王尼子詮久藤原正妃明暹せむし

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone