コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田村虎蔵 たむら とらぞう

2件 の用語解説(田村虎蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田村虎蔵 たむら-とらぞう

1873-1943 明治-昭和時代前期の音楽教育家,作曲家。
明治6年5月24日生まれ。母校東京音楽学校(現東京芸大)と東京高師でおしえる。したしみやすい言文一致唱歌を提唱し,納所(のうしょ)弁次郎らと「幼年唱歌」「尋常小学唱歌」などを編集。「うらしまたろう」「キンタロウ」「はなさかじじい」などを作曲。昭和18年11月7日死去。71歳。鳥取県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田村虎蔵
たむらとらぞう
(1873―1943)

作曲家、音楽教育家。鳥取県(現在の岩美(いわみ)町馬場)に生まれる。1895年(明治28)東京音楽学校を卒業し、その後25年間、東京高等師範学校で教鞭(きょうべん)をとる。言文一致唱歌を提唱し、『尋常小学唱歌』(1905)、『高等小学唱歌』(1906)などを編纂(へんさん)。彼の作曲による『花咲爺(はなさかじじい)』『金太郎』『一寸法師(いっすんぼうし)』『浦島太郎』などは広く愛唱され、大正時代の童謡歌曲の先駆となった。[柴田典子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の田村虎蔵の言及

【鉄道唱歌】より

…作詞は大和田建樹(たけき)。作曲は多梅稚(おおのうめわか)のものがよく知られているが,東海道(1集),山陽・九州(2集)がそれぞれ多と上真行(かみさねみち),奥州線~磐城線(3集)が多と田村虎蔵,北陸地方(4集)が納所弁次郎と吉田信太,関西参宮南海各線(5集)が多。《島船あそび》(奥好義(おくよしいさ)曲),《奈良めぐり》(目賀田万世吉(めかだませきち)曲)の挿入歌がある。…

※「田村虎蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田村虎蔵の関連キーワード西晋一郎平田禿木井伊直方織田東禹木下俊哲関直右衛門高瀬梅吉都鳥英喜森本仁平若尾璋八

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田村虎蔵の関連情報