コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田辺繁子 たなべ しげこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田辺繁子 たなべ-しげこ

1903-1986 昭和時代の法学者。
明治36年6月30日生まれ。田辺平学の妻。穂積重遠(しげとお)に師事して家族法をまなび,昭和31年専修大教授。古代インドのマヌ法典を翻訳。ハンムラビ法典における女性の地位の研究にもとりくむ。家族制度の復活に反対した。昭和61年6月8日死去。82歳。京都出身。同志社大卒。旧姓は星野。著作に「女性の地位」「妻の財産」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

田辺繁子の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android