コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂積重遠 ほづみしげとお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穂積重遠
ほづみしげとお

[生]1883.4.11. 東京
[没]1951.7.29. 東京
民法学者。穂積陳重 (のぶしげ) の子。東京大学教授,貴族院議員,東宮大夫,最高裁判所判事歴任。法律の民衆化に貢献し,法文判決文の口語化を主張した。主著民法総論』 (1921) ,『親族法』 (33) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほづみ‐しげとお〔‐しげとほ〕【穂積重遠】

[1883~1951]法学者。東京の生まれ。陳重(のぶしげ)の長男。東大教授。身分法の研究に業績を残した。第二次大戦後、最高裁判所判事。著「親族法」「相続法」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

穂積重遠【ほづみしげとお】

民法学者。陳重(のぶしげ)の子。東大教授,東宮大夫,最高裁判所判事。〈家族法学の父〉といわれ,民法親族編・相続編の改正にも参画した。主著《民法総論》《親族法》。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

穂積重遠 ほづみ-しげとお

1883-1951 明治-昭和時代の民法学者。
明治16年4月11日生まれ。穂積陳重(のぶしげ)の長男。大正5年母校東京帝大の教授となり,民法講座などを担当。家族法学の基礎をきずく。また東京帝大セツルメントの創設に尽力。貴族院議員,最高裁判事。昭和26年7月29日死去。68歳。東京出身。著作に「民法読本」「親族法」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほづみしげとお【穂積重遠】

1883‐1951(明治16‐昭和26)
家族法学者。穂積陳重の長子。東京大学教授定年退官後,東宮大夫をへて最高裁判所判事。近代的な家族観に基づく家族法学の基礎を築き,その立場から旧民法旧規定の〈家〉制度を批判した。1919年に設置された臨時法制審議会の幹事として,保守派の家族法理論に対決し,親族編・相続編の改正要綱を近代的な方向に向けようとしたことは有名。末弘厳太郎と協力して,1921年には東京帝国大学法学部に判例研究会を,24年には関東大震災の救援活動を契機として東京帝国大学セツルメントを組織し,学問研究のあり方に新生面を開いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほづみしげとお【穂積重遠】

1883~1951) 法学者。陳重の子。東京生まれ。東大教授。身分法研究に多くの業績を残す。著「親族法」「相続法」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

穂積重遠
ほづみしげとお
(1883―1951)

民法学者。東京生まれ。陳重(のぶしげ)の子。1908年(明治41)東京帝国大学法科大学卒業。同年同大学講師、10年同助教授。12年(大正1)民法および法理学研究のためドイツ、フランスおよびイギリスに留学。16年帰国、同年教授となり、民法講座および法理学講座を担当。数多くの著書・論文があるが、とくに民法の身分法の領域に多くの業績を残し、後の身分法学に多くの影響を与えた。43年(昭和18)定年退職後、44年貴族院議員となり、49年(昭和24)には最高裁判所判事となる。著書は『民法読本』(1927)、『親族法』(1930)、『離縁状と縁切寺』(1942)、『相続法』(1946~47)、『新民法読本』(1948)など多数。[淡路剛久]
『中川善之助補訂『やさしい法学通論』(1963・有斐閣) ▽『新訳論語』(講談社学術文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

穂積重遠の関連キーワード大正デモクラシー穂積 真六郎中川善之助田辺 繁子来栖 三郎穂積真六郎穂積 陳重昭和時代川島武宜穂積歌子戒能通孝田辺繁子法理学黎明会離縁状

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android