コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由理柵 ゆりのき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

由理柵
ゆりのき

古代の東北地方にあった対蝦夷の城柵 (→ ) の一つ。『倭名類聚抄』の出羽国飽海郡由理 (由利) 郷とみられ,現在の秋田県由利本荘市とされるが,異説もある。『続日本紀宝亀 11 (780) 年の条には秋田城に対する後衛基地として重視されていたことがみえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

由理柵
ゆりのき

秋田県由利本荘(ゆりほんじょう)市地方にあった古代城柵(じょうさく)。この地方は出羽(でわ)国飽海(あくみ)郡由理郷であった。780年(宝亀11)の奥羽の戦乱期に際しても、『続日本紀(しょくにほんぎ)』同年8月条に「賊の要害に居り、秋田之道を承(う)く」と記されるごとく、庄内(しょうない)平野の出羽国府と秋田城を結ぶ中継拠点的な施設で、内陸の雄勝(おかち)城にも対した。駅家(うまや)も併設され、由理駅の南は蚶方(きさかた)駅、北は白谷(しらや)駅に通じた。子吉(こよし)川沿岸の地名「古雪(ふるゆき)」は古柵(ふるき)に発する遺名と認められ、中世には古木とも書かれた。[新野直吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android