コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由良霊松 ゆら れいしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

由良霊松 ゆら-れいしょう

1821-1885 幕末-明治時代の神職。
文政4年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)の曹洞(そうとう)宗金竜寺住職となるが,寺門静軒(てらかど-せいけん)に儒学,詩文をまなび還俗(げんぞく)。由良と改姓。明治6年新田郡大島村の八幡宮宮司となり,私塾をひらいた。門人に葉住利蔵らがいる。明治18年4月17日死去。65歳。能登(のと)(石川県)出身。本姓は小林。字(あざな)は無為。号は松窓

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

由良霊松の関連キーワードスーダン(国)ファナリオテスバイロンマンゾーニ東欧演劇近・現代アフリカ史(年表)日本科学史(年表)コロレンコチャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ギリシア解放戦争

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android