コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

申(し)入れる モウシイレル

デジタル大辞泉の解説

もうし‐い・れる〔まうし‐〕【申(し)入れる】

[動ラ下一][文]まうしい・る[ラ下二]
こちらの意志や希望を相手に告げ知らせる。「資金の提供を―・れる」「話し合いを―・れる」
招待する。
「それにつき毎年このごろ一族衆を―・るる程に」〈虎明狂・目近籠骨〉
言い入れる」の謙譲語。外から内部へ向かって申し上げる。
「門前にて馬よりおり、―・れられけるは」〈平家・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

申(し)入れるの関連キーワードアメリカ人徐広縉門前

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android