コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

男鹿温泉 おがおんせん

2件 の用語解説(男鹿温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

男鹿温泉
おがおんせん

秋田県北西部の男鹿市にある温泉。男鹿半島北岸に位置する。泉質は食塩泉。泉温は 56℃。神経痛や胃腸病に効能がある。入道崎戸賀湾に近いことから,男鹿観光の中心地として観光客でにぎわう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

男鹿温泉
おがおんせん

秋田県中西部、男鹿市にある温泉。市の北西部にあり、湯本(ゆもと)、石山温泉などを総称して男鹿温泉という。湯本は男鹿の湯とよばれ、藩政期には藩主も利用したという。泉質は塩化物泉。設備もよく、男鹿観光の拠点となっている。国民宿舎もある。JRの秋田、男鹿、羽立(はだち)の各駅からバスの便がある。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

男鹿温泉の関連情報