コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入道崎 にゅうどうざき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

入道崎
にゅうどうざき

秋田県西部,男鹿半島北西端の岬。 30mの断崖海岸段丘から成る。先端に 1898年初点の灯台や無線方位信号所がある。北方に水島の岩礁があり,夏は絶好の行楽地となる。入道崎から海岸の断崖上を走る入道崎八望台道路が通じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にゅうどうざき【入道崎】

秋田県の男鹿半島北西端にある岬。先端は約30mの断崖で日本海に突き出し,岬から南東には海岸段丘が発達する。付近に水島など多くの岩礁があり,海岸には第三系の赤島層が露出する。景観は雄大で,入道崎八望台有料道路が通じ,春~秋は観光客でにぎわう。1898年初点の灯台があり,海岸は磯釣りの名所である。男鹿線羽立駅からバスが通じる。【北条 寿】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕入道崎(にゅうどうざき)


秋田県男鹿(おが)半島の北西端に位置する岬。第三紀層の台地が海食され、高さ約30mの断崖(だんがい)をつくる。男鹿国定公園を代表する景勝地。南西1kmのねてげ岩など奇岩がみられる。入道埼灯台は全国15ヵ所の見学できる灯台の一つ。沖1kmに浮かぶ水(みず)島の岩礁群巡りの海底観光透視船が人気。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

入道崎
にゅうどうざき

秋田県男鹿(おが)半島の北西端、日本海に突出する岬。数段の海岸段丘が認められ、海岸は30メートルの断崖(だんがい)となっている。突端に灯台があり、周辺は芝生に覆われている。前面の水島の岩礁はアワビ、サザエの産地で、釣り場としても知られ、夏季には海底観察の観光船も運航される。北方には津軽山地が眺望でき、八望台や男鹿温泉郷からの道路も通じ、男鹿観光の拠点の一つ。JR男鹿線羽立駅よりバスが通じる。[宮崎禮次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android