コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町人捌 ちょうにんさばき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

町人捌
ちょうにんさばき

鎌倉時代~戦国時代の都市で,町人相互間の紛争を町人みずからが解決するために行なった裁き。町人代表の合議によって処理され,紛争のほかに市場の取締りなども自治的に行われた。 (→会合衆 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

町人捌
ちょうにんさばき

中世末期の都市において、町人に検断権(警察‐裁判権)が認められたこと。後北条(ごほうじょう)氏の支城があった武蔵(むさし)国松山(埼玉県東松山市)の本郷の市(いち)では、1585年(天正13)の掟(おきて)に、「市之日商人中ニ而(て)、如何様之問答(いかようのもんどう)有之共、奉公人一言も不可綺(いろう)、町人さはきたるへき事」(武州文書)とあり、商人仲間の争論は、町人の自治的裁決に任すことが取り決められている。領主裁判権の町人への移譲による自治権の確立といえる。この松山本郷では、軍勢の出入も禁じ、犯すものは町人成敗に任せている。1564年(永禄7)越後(えちご)上杉氏も柏崎(かしわざき)に、狼藉(ろうぜき)者に対する町人成敗を認めている。大山崎、堺(さかい)その他の自治都市では、町人が検断権を完全に掌握していたから、これも町人捌といえよう。[脇田晴子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

町人捌の関連キーワード脇田晴子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android