コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町絵師 まちえし

4件 の用語解説(町絵師の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

町絵師
まちえし

宮廷,幕府,諸大名,寺社などに仕えず,一市民として絵を描くことで生計を立てていた桃山,江戸時代の画家。初め御用絵師が町人的絵師を蔑視して呼んだ言葉であったが,のちに一般化した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まち‐えし〔‐ヱシ〕【町絵師】

近世、幕府・諸大名などに召し抱えられていた御用絵師に対して、町にあって絵をかくことを職業とした絵師。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

町絵師【まちえし】

江戸時代に幕府や藩に仕えず,町人として制作し絵を売って生活した画家。御用絵師の対。浮世絵師はその典型。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

まちえし【町絵師】

近世、土佐・狩野かのうなどの御用絵師に対して、民間で絵を描くことを職業とした絵師。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

町絵師の関連キーワード指南番官妓黒印地御所詞食禄宮仕え仕者下仕え女嬬会符

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

町絵師の関連情報