コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五島清太郎 ゴトウセイタロウ

デジタル大辞泉の解説

ごとう‐せいたろう〔ゴタウセイタラウ〕【五島清太郎】

[1867~1935]動物学者。山口の生まれ。東京帝大教授。クラゲ・ヒトデや寄生虫研究で知られる。日本の寄生虫学創始者の一人。大正2年(1913)学士院賞受賞。著「外部寄生性吸虫類の研究」「実験動物学」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五島清太郎 ごとう-せいたろう

1867-1935 明治-昭和時代前期の動物学者。
慶応3年8月18日生まれ。五島美代子の父。一高教授をへて明治42年東京帝大教授となり,のち理学部長。大正2年外部寄生性吸虫類の研究で学士院賞。日本の寄生虫学の草分けのひとり。昭和10年7月20日死去。69歳。長門(ながと)(山口県)出身。帝国大学卒。著作に「実験動物学」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五島清太郎
ごとうせいたろう
(1867―1935)

日本の動物学の先駆者の一人。山口県生まれ。1890年(明治23)東京大学理学部を卒業、アメリカに留学し、帰国後、第一高等学校教授を経て東京帝国大学教授となり(1909)、理学部長も務めた。研究と教育の態度はともに精緻(せいち)、厳格なことで有名であった。著書『実験動物学』(1904)は動物解剖実験の手引書であるが、図を極力省くなど、教育上の信念を随所に示し、類書中の模範とされた。研究面ではクラゲ、ヒトデなども対象としたが、寄生虫に関してとくに優れた業績をあげ、飯島魁(いさお)とともに日本寄生虫学の創始者であった。この分野の著書『外部寄生性吸虫類の研究』(英文、1894)は、観察、論述の詳細、周到をもって内外の絶賛を受けた。この業績により1913年(大正2)帝国学士院賞を受けた。娘の美代子は歌人である。[日比谷京]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の五島清太郎の言及

【生態学】より

…ここでの原語がBiologieであることは興味深い。当時Biologieの内容がどう考えられていたかは,1893年に理科大学動物学科大学院学生だった五島清太郎(1867‐1935。後に東京帝国大学教授)が著した動物学の教科書に,Biologieは〈動物の習性および動物と外界または他の生物との関係を論ずる学〉とあるところから理解できよう。…

※「五島清太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

五島清太郎の関連キーワードフツウミミズ畑井 新喜司畑井新喜司森下 薫五島