コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

留萌(るもい)港

1件 の用語解説(留萌(るもい)港の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

留萌(るもい)港

北海道にある港。1953年4月設立。古くから内陸石炭、道産木材の積み出し港として発展。港湾管理者は、留萌市。重要港湾(1952年2月指定)。港湾区域面積は、882ヘクタール

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の留萌(るもい)港の言及

【留萌[市]】より

…市域の大半は第三紀層からなる丘陵性山地で,一部に炭層を含む。中心市街は留萌川河口の留萌港を中心に発達し,留萌本線が通る。また国道231号,232号,233号線の起点でもある。…

※「留萌(るもい)港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

留萌(るもい)港の関連キーワード単層原子力産業砥石ダットサンDB-5型日野ルノー PA型日本自由党内灘事件吉田茂内閣ラジオ放送立体映画

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone