コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元町 もとまち

33件 の用語解説(元町の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元町
もとまち

神奈川県東部,横浜市中区の地区。ビジネス・官庁街の関内と住宅地の山手町にはさまれ,横浜開港後,外国人向けの商店街として形成された。当初は外国人経営の店が多く,現在でもヨーロッパの商店街と提携して家具,食料品,洋品,宝石など高級外国製品を扱う店も多い。東京方面からの買物客でにぎわう。

元町
もとまち

兵庫県神戸市中央区の中心商店街。第2次世界大戦前は東京の銀座,大阪の心斎橋と並称された商店街として有名で,流行は元町からといわれた。神戸港と JR元町 (旧三宮) 駅を最短距離に結ぶ地点にあり,周囲に官公庁街,オフィス街を控え,開港以後,外国人観光客相手のみやげ物店,高級専門店を中心に繁栄。戦後は市の主要施設が三宮駅付近へ集中したため,三宮にその地位を譲った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

もとまち【元町】

東京都、伊豆大島西岸の地名。大島支庁・大島町役場がある中心地。
横浜市中区の地名。横浜開港以来、横浜村の移住者により商店街として発展、ハイカラな町として知られた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

元町【もとまち】

神戸市中央区にある高級商店街。西国街道沿いに古くから発達,三宮(さんのみや)地区に続き,衣服,装飾品などの,港町らしいしゃれた店が多い。北東にJR元町駅がある。
→関連項目神戸[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県〕元町(もとまち)


横浜市中(なか)区の商店街。横浜港に注ぐ堀(ほり)川南岸沿いに広がる。元は横浜村の土地を接収して村人を移転させた地で、本村(もとむら)・元村(もとむら)と称したが1860年(万延(まんえん)元)ごろから山手(やまて)地区の外国人居留者向けの商業化が始まり、「横浜元町」と称した。現在もブティック・輸入雑貨店や家具店が多く、ショッピング街として観光客に人気。横浜観光の中心の一つ。

〔兵庫県〕元町(もとまち)


神戸市中央区西部にある商店街。1868年(明治元)の神戸港開港後、外国人居留者向けの高級商店街として発展。東隣の三宮(さんのみや)に比べて伝統的な専門店が多く、観光客に人気がある

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

元町の関連情報