異歯性(読み)イシセイ

大辞林 第三版の解説

いしせい【異歯性】

主に哺乳類で、門歯・犬歯・前臼歯ぜんきゆうし・後臼歯などのように一個体に生ずる歯の形が異なること。少数の爬虫はちゆう類にもみられる。 ⇔ 同歯性

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

異歯性
いしせい

動物のあごに生えている歯が、その生えている位置によって形状が異なっている性質をいう。これに対して、位置によらず一様に歯が同大同形であるものを同歯性という。哺乳(ほにゅう)類は異歯性を示し、歯の形態的な差に応じ、それぞれの歯の役割も異なる。上あご、下あごともに正中線より順次左右に門歯、犬歯、前臼歯(ぜんきゅうし)、後臼歯となっている。ただし、ハクジラでは同歯性である。哺乳類を除く脊椎(せきつい)動物、および爬虫(はちゅう)類のうち毒牙(どくが)に変化した歯がある有毒のヘビなどを除く脊椎動物は、同歯性である。[高橋純夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android