コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異歯性 イシセイ

3件 の用語解説(異歯性の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いし‐せい【異歯性】

動物の一個体に、2種類以上の形の歯があること。主に哺乳類にみられ、門歯・犬歯・前臼歯・臼歯がある。⇔同歯性

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いしせい【異歯性】

主に哺乳類で、門歯・犬歯・前臼歯ぜんきゆうし・後臼歯などのように一個体に生ずる歯の形が異なること。少数の爬虫はちゆう類にもみられる。 ↔ 同歯性

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

異歯性
いしせい

動物のあごに生えている歯が、その生えている位置によって形状が異なっている性質をいう。これに対して、位置によらず一様に歯が同大同形であるものを同歯性という。哺乳(ほにゅう)類は異歯性を示し、歯の形態的な差に応じ、それぞれの歯の役割も異なる。上あご、下あごともに正中線より順次左右に門歯、犬歯、前臼歯(ぜんきゅうし)、後臼歯となっている。ただし、ハクジラでは同歯性である。哺乳類を除く脊椎(せきつい)動物、および爬虫(はちゅう)類のうち毒牙(どくが)に変化した歯がある有毒のヘビなどを除く脊椎動物は、同歯性である。[高橋純夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

異歯性の関連キーワード体腔動物同歯性共用櫛の歯が欠けたよう個体変異キメラマウス食分け多細胞同時的雌雄同体複合多糖

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone