疾呼(読み)シッコ

デジタル大辞泉の解説

しっ‐こ【疾呼】

[名](スル)口早に激しく呼びたてること。慌ただしく呼ぶこと。
「家翁はヂャッキと共に眼を瞋(いか)らし、アリスを―して」〈織田訳・花柳春話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しっこ【疾呼】

( 名 ) スル
あわただしく呼びたてること。 「良心は-して渠かれを責めぬ/義血俠血 鏡花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しっ‐こ【疾呼】

〘名〙 早口ぶこと。あわただしく呼ぶこと。
※星巖集‐乙集(1837)西征集四・普賢洋遇大風「稍聞遠車走、舟師疾呼風来也」 〔史記‐滑稽伝讚〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android