コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発泡スチロール ハッポウスチロール

大辞林 第三版の解説

はっぽうスチロール【発泡スチロール】

こまかな気泡を無数に含んだポリスチレン。断熱容器・保護用材などに用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の発泡スチロールの言及

【ポリスチレン】より


[性質・用途]
 ポリスチレンは硬く,透明性にすぐれ,電気特性もよく,しかも大量生産に支えられて安いため,台所用品,文具,家具などの日用品,自動車用の大型成形品,テレビキャビネットなどの電化製品など,あらゆるところで用いられている。また,樹脂にブタン,ペンタン,ヘキサンなどの発泡剤を配合し,加熱発泡させた発泡ポリスチレン(発泡スチロールともいう)も,断熱材,緩衝材,畳などとして広い用途をもつ。木材代替として用いられる低発泡品から,機械や電化製品などの包装用緩衝材として用いられる高発泡品まで多岐にわたり,低発泡シートは合成紙(ポリスチレンペーパー)としても用いられる。…

※「発泡スチロール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

発泡スチロールの関連キーワード網いけす養殖(網生簀養殖)アステックホールディングスエコ・マーケティングとれとれヴィレッジ発泡スチロールの日いかだ式養殖施設スチロール樹脂オイルフェンスカップラーメンダウ・ケミカル東洋機械金属使い捨て食器スッポンタケヘルメット人力飛行機電波吸収体カキいかだ舞台効果海洋汚染海洋ごみ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発泡スチロールの関連情報