(読み)ハツ

デジタル大辞泉の解説

はつ【発】

[名]
出発すること。「9時の特急」⇔
発信すること。「ロンドン12日の外電」
発動機の略。「単機」
[接尾]助数詞。上に来る語によって「ぱつ」ともなる。
弾丸などの発射や、爆発物を数えるのに用いる。「二の銃声」「号砲一」「一万の花火」
攻撃などを数えるのに用いる。「一なぐってやる」「ホームランを二打つ」
俗に、くしゃみ放屁性交などの回数を数えるのに用いる。

はつ【発〔發〕】[漢字項目]

[音]ハツ(漢) ホツ(呉) [訓]たつ ひらく あばく
学習漢字]3年
〈ハツ〉
矢や弾を放つ。「発射発砲不発暴発連発銃百発百中
出かける。たつ。「発車発着始発出発進発先発遅発
外部や世間に向けて出す。「発券発行発信発送発注発売発布発令増発乱発
外に現れ出る。生ずる。生じさせる。「発火発芽発癌(はつがん)発現発光発散発情発生発電発熱揮発蒸発
物事を始める。行動を起こす。事が起こる。「発案発議発語発想発奮偶発続発突発奮発自発的
隠れていたものなどを明るみに出す。ひらく。あばく。「発掘発見発明開発啓発告発徴発摘発
外に向かって伸び広がる。「発育発達発展
(「」の代用字)はねかえす。はね上げる。「挑発反発
(「」の代用字)とびはねる。「活発
10 (「」の代用字)かもす。「発酵
〈ホツ〉始める。起こす。起こる。「発願発起発作発心発足発端
[名のり]あき・あきら・おき・しげ・ちか・とき・なり・のぶ・のり・よし
[難読]新発意(しんぼち)発条(ばね)発条(ぜんまい)

ほつ【発】[漢字項目]

はつ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はつ【発】

[1] ( 名 )
出発すること。 ⇔ 「午後三時-の列車」
送り出すこと。 「当駅-の小荷物」
( 接尾 )
助数詞。弾丸・銃声などを数えるのに用いる。上にくる語によって「ぱつ」ともなる。 「五-の弾」 「三-(さんぱつ)の銃声」

ほつ【発】

【発】
⇒ はつ〔発〕 [漢]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はつ【発】

[1] 〘名〙 出発すること。発車すること。また、通信などを発すること。時刻や場所を示す語に付けて用いる。
※朝野新聞‐明治八年(1875)六月二七日「海外新報〈略〉五月十三日ロンドン発」
※花ごもり(1894)〈樋口一葉〉七「上野発の汽車にて」
[2] 〘接尾〙 弾丸などの発射を数えるのに用いる。上にくる語によっては「ぱつ」となる。
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉七「鉄砲のねらひを定めて、一発ドンと放ちしに」

はっ‐・す【発】

〘自他サ変〙 ⇒はっする(発)

はっ‐・する【発】

[1] 〘自サ変〙 はっ・す 〘自サ変〙
① 物事が起こり生じる。
※日葡辞書(1603‐04)「ニヲイガ fassuru(ハッスル)
※古活字本毛詩抄(17C前)九「誠の心が心中に発するぞ」
② あらわれ出る。出現する。あらわれる。
※音曲声出口伝(1419)「毛詩云、情発於声、声成文」
※日葡辞書(1603‐04)「イエアリガ fassuru(ハッスル)
③ 出て行く。外へ出かける。出発する。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二二「黄昏ネエプルを発(ハッ)してモラデガエタに赴く」
[2] 〘他サ変〙 はっ・す 〘他サ変〙
① 物事を引き起こす。物事をはじめる。生じさせる。
※高野本平家(13C前)三「虞公歌を発(ハッ)せしかば、梁塵うごきうごく」
※随筆・胆大小心録(1808)三二「兄狂を発して母を斧にて打ち殺す」
② あらわし出す。気持や考えなどをおおやけにする。または、ことばを口に出す。発表する。
※太平記(14C後)二九「変化時に応じて敵の為に気を発(ハッ)する処は」
※日葡辞書(1603‐04)「イカリヲ fassuru(ハッスル)
③ 放つ。矢や弾丸などを放つ。勢いよく物を出す。
※前田本枕(10C終)一三八「久しうありてはっしたる矢の」
④ つかわす。使者などをさしむける。通知や手紙などをさし出す。
※史記抄(1477)八「聴受して兵を発するぞ」
⑤ ひらく。また、あばく。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉二「凶年饑歳に倉庫を発して流民を救ふことは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発の関連情報