白い嫁と黒い嫁(読み)しろいよめとくろいよめ

世界大百科事典 第2版「白い嫁と黒い嫁」の解説

しろいよめとくろいよめ【白い嫁と黒い嫁】

グリム童話集》135番にあてられた題名類似継子話は北欧,中東欧南欧でも伝承されている。したがって変化も多いが,ほぼ次のような話である。貧乏人の姿をした神が道を尋ねると,実子冷たいが継子は親切に答え,そのお礼として美しさを与えられる。継子のは王の御者をしているが,彼のもっていた妹の絵が王の目にとまり,継子が求婚される。嫁入り途中継母は継子を川に落とし,実子を王の嫁にする。川に落とされた継子はに姿をかえて王城の台所に現れ,真実を歌う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android