白山一華/白山一花(読み)ハクサンイチゲ

デジタル大辞泉の解説

はくさん‐いちげ【白山一華/白山一花】

キンポウゲ科の多年草。本州中部以北の高山に自生し、高さ約20センチ。全体に粗い毛がある。葉は手のひら状の複葉。夏、茎の先に白い花びら状の萼(がく)をもつ花を数個開く。白山で最初に発見された。 夏》「霧疾(はや)し―ひた靡き/秋桜子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はくさんいちげ【白山一華】

キンポウゲ科の多年草。高山の草地に生える。全体に白長毛がある。葉は根生し、柄が長く、掌状に全裂し、さらに細裂する。夏、高さ約20センチメートルの花茎の先に白色の五~七弁花を数個放射状につける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はくさん‐いちげ【白山一華】

〘名〙 キンポウゲ科の多年草。北海道、本州中部以北の高山の草原に生える。高さ一五~三〇センチメートル。葉は三出複葉で長柄をもち根ぎわから生える。小葉は二~三中裂、裂片はさらに分裂して終裂片は線形。初夏、長い花茎の先の三枚の総包葉の間から花柄を出し、白い花を五~六個つける。がく片は五~七個あり、楕円形で花弁様をしている。はくさんいちげそう。《季・夏》
※鷲(1940)〈川田順〉黒部へ「朝明にて吾が脚かろしいちめんに白山一華(ハクサンイチゲ)咲く谷間なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android