コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白川義則 シラカワヨシノリ

デジタル大辞泉の解説

しらかわ‐よしのり〔しらかは‐〕【白川義則】

[1868~1932]軍人。陸軍大将・元帥。愛媛の生まれ。昭和7年(1932)上海事変のため上海派遣軍司令官となり、同地の天長節祝賀会場で爆弾により重傷を負い、1か月後死去。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白川義則 しらかわ-よしのり

1869*-1932 明治-昭和時代前期の軍人。
明治元年12月12日生まれ。陸軍次官,関東軍司令官などをつとめ,大正14年大将。昭和2年田中義一内閣の陸相となるが,張作霖(ちょう-さくりん)爆殺事件を指揮した河本大作大佐を処罰できず,内閣は総辞職。7年上海派遣軍司令官として出征中爆弾テロにあい,5月26日死去。65歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。陸軍大学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しらかわよしのり【白川義則】

1868~1932) 陸軍軍人。大将。愛媛県生まれ。1927年(昭和2)陸相。上海事変に派遣軍司令官として赴任中、上海の天長節祝賀会場で爆弾を投げられて負傷、死亡した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の白川義則の言及

【早稲田軍教事件】より

…早稲田大学軍事研究団事件ともいう。第1次世界大戦後,総力戦体制を構想した軍部は教育機関にも足場を築こうと企図していたが,軍部と接触のあった早大教授青柳篤恒は乗馬学生団を母体に軍事研究団を組織するため,1923年5月10日,陸軍次官白川義則ら陸軍幹部を招いて発会式を行った。文化同盟,建設者同盟,雄弁会はこれに抗議し,12日に雄弁会主催で軍事研究反対学生大会を開き,約5000の学生が結集して〈我等は軍国主義に反対し,早稲田を軍閥宣伝の具たらしむることに反対す〉との決議を採択した。…

※「白川義則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白川義則の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎成瀬巳喜男山中貞雄五所平之助マキノ雅広戊辰戦争稲垣浩小津安二郎キューカー

白川義則の関連情報