白鳥処女(読み)はくちょうしょじょ

百科事典マイペディア「白鳥処女」の解説

白鳥処女【はくちょうしょじょ】

天界の少女が白鳥(あるいは鶴,鳩)になって地上に降り,水浴中に人間の男に衣を隠されて男の妻となるが,衣を取り戻して去るといったプロットをもつ伝承。世界中に分布する昔話・民話のモティーフで,インド,北欧,中国などにも見られ,日本では羽衣伝説天人女房)として伝わる。
→関連項目伝説羽衣伝説

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「白鳥処女」の解説

はくちょうしょじょ【白鳥処女】

ほとんど全世界に分布する昔話のモティーフで,日本では〈天人女房〉がこれにあたる。若者が水浴中の娘が脱いでおいた白鳥の衣(日本では羽衣)を奪い,妻になることを強要する。数年後妻は衣を見つけて故郷へ去るが,そのとき,自分の帰る先を言い置く。夫は妻を求めて困難な旅に出,彼女を発見する。このモティーフは,古代インドの《シャタパタ・ブラーフマナ》や《リグ・ベーダ》にみられるところから,インド起源と考えられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android