コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鷹山 しらたかやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白鷹山
しらたかやま

山形県南部,山形盆地西方火山。標高 994m。長井市北東南陽市の北に位置し,白鷹町の北東にある。山頂に虚空蔵菩薩がある。北に大きく開いた爆裂火口に,大沼や荒沼などの多数の湖沼があり,その間に東黒森山,雷山 (いかずちやま) などの火山がみられる。周辺はミズバショウを中心とする自然遊歩道が整備されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白鷹山
しらたかやま

山形県中央南部、山形盆地と米沢(よねざわ)盆地の境界部を占める丘陵性山地の最高峰。標高994メートル。山形市、上山(かみのやま)市、南陽市、白鷹町(西置賜(にしおきたま)郡)、山辺(やまのべ)町(東村山郡)に境する。山頂に虚空蔵尊(こくうぞうそん)を祀(まつ)ることから虚空蔵山ともよばれる。第四紀初期に噴出した火山で、北東に爆裂火口を開き、火口底の凹地には大沼、荒沼(あれぬま)、曲沼(まがぬま)などの湖沼群がある。周辺には県民の森、山形市少年自然の家などが設置され、自然教育レクリエーション地として整備されている。[中川 重]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

白鷹山の関連キーワード山辺(町)白鷹(町)山辺[町]山辺町虚空蔵中川

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白鷹山の関連情報